環境への取組み

環境基本方針

理 念

日本ワイパブレードグループは、環境を重視した経営が、21世紀の新しい企業スタイルの創造をもたらすとの認識のもと、持続可能な社会の実現と、社会との共生に向け、環境のトップランナーをめざすため、グループの総智・総力を結集し、環境との調和をめざしたワイパアーム・ブレードの開発・設計・生産と自然環境の保全を通じて、人々の幸福に貢献する。

環境方針

  • (1)グローバルな視点から、グループの総智・総力を結集し、環境経営の強化に努める。
  • (2)製品の製造、市場での使用、廃棄に至るすべての段階において、トータルな視点で、環境を重視した開発・設計、生産活動を行う。
  • (3)対外連携の促進ならびに情報発信に取組むとともに、すべてのステークホルダーとのコミュニケーションに努める。

環境行動指針

(1) グループ環境経営の拡充 <エコマネジメント>

  • 1.連結環境マネジメントの強化
    グループ生産会社は環境方針を共有化し、展開を図る。
  • 2.ビジネスパートナーとの環境パートナーシップの強化
    環境マネジメントシステムをより拡大し、サプライチェーンを通じた環境負荷低減を図るため、ビジネスパートナーとのパートナーシップを強化する。

(2) 環境と性能向上の両立を目指した開発・設計
<エコプロダクツ>

  • 1.環境を重視した新製品の開発
    地球温暖化防止に貢献する技術をはじめとする環境を重視した製品の開発に努める。
  • 2.設計段階での環境事前評価の充実
    すべての製品の開発・設計段階において、環境影響を事前に評価できる デザインレビューのシステムを充実し、展開する。

(3) グローバルな生産環境負荷の着実な削減
<エコファクトリー>

  • 1.グループ生産会社の生産環境負荷の削減
    未然防止の徹底と法基準及びその他要求事項の順守に努めることはもとより、省資源・省エネルギーなどを推進し、グローバルな視点で、グループとしての環境負荷のさらなる削減を図る。
  • 2.地域の自然環境との調和をめざした生産活動
    世界各地の拠点で、地域の特性に基づいた自主的な環境負荷削減目標を設定し、継続的な改善が図られるシステムを運用する。

(4) 環境行動に関する対外連携と情報発信の充実
<エコフレンドリー>

  • 1.対外連携の促進と社会への貢献
    環境保全に関わる社会の幅広い層との連携に努め、環境を重視した製品を通じて社会へ貢献する。
  • 2.環境コミュニケーションの充実
    すべてのステークホルダーに対し、積極的な環境情報の発信に努めるとともに、地域社会とのコミュニケーションの充実を図る。

ISO14001の認証取得

1999年10月に、環境と調和した事業活動の体制、体質の確立のため、ISO14001の認証取得に向けキックオフをし、2000年11月に認証取得をしました。

『ISO14001認証取得状況』

  • 2000年11月
  • 本社工場
  • 取得
  • 2006年1月
  • NWBマレーシア
  • 取得
  • 2006年3月
  • 韓国ワイパブレード
  • 取得

環境シンボルマーク

Our Earth 美しい地球を次世代へ

このマークには、「水の惑星・地球」を思うクリーンな心とエコロジカルな企業の実現に向け従業員全員で行動していくという想いが込められています。

このページの内容に関するお問合せ先

安全衛生環境部

TEL:0480-67-1119 FAX:0486-67-1106